残留塩素ってなに?
残留塩素とは、浄水場で殺菌や消毒のために使用した塩素が、各家庭の蛇口まで残ったものをいいます。これは、浄水場で消毒された水が各家庭に届くまでの間に、雑菌が繁殖しないようにするためのものです。
残留塩素が残っているということは、水道水が消毒されているという証拠にもなります。水道水の規定上では、1リットル当たり0.1mg以上の残留塩素が残っていなくてはいけないという規定があります。
しかし、この残留塩素が、水の味をまずく感じさせるカルキ臭の原因であり、発ガン性のあるトリハロメタンを生み出す要因となっているのです。
活性炭などのろ材を使った浄水器を使えば、残留塩素やトリハロメタンは取り除けます。しかし、ここで注意が必要なのは、浄水器内に滞留した水は残留塩素が取り除かれているため、細菌などが繁殖しやすくなるということです。ご注意下さい。