水道水中の雑菌?
わが国の水道局では、とても厳しい水質基準で検査されており、「上水道中の一般細菌数が100個以下/MLであること・大腸菌が検出されないこと」とされています。日本の浄水場は世界的に見ても優れており、みなさんに安全な水を供給しています。
しかしその反面、消毒に使用している塩素は、各家庭の蛇口まで残留塩素として残ります。それが塩素臭の原因になったり、発ガン性のあるトリハロメタンを生み出す要因となっています。また、残留塩素の量は、水源の状態で日によって違います。
また、そのように消毒された水道水も、配水管や貯水槽の老朽化・腐食により汚染されてしまうこともあるのです。