活性酸素ってなに?
活性酸素(フリーラジカル)とは、文字通り活性化された酸素のことで強い酸化力を持っています。その酸化力は普通の酸素の数十倍とも言われます。
人間を含めた生物は、呼吸をし新陳代謝をしているとき、酸素の約2%が活性酸素となります。活性酸素は体内でバイ菌や、有毒物質を取り除く働きをしている重要な物質です。しかし近年、環境汚染やストレスなどが要因となり必要以上に活性酸素が増えてしまっています。
空気中の酸素はO2で安定していますが、活性酸素はマイナスの電子を持っているため、自分が安定しようとしてプラスの電子を持ったものと反応しようとします。このように電子を奪い取る現象を「酸化作用」といい、体ではこれは「老化」を意味します。活性酸素は毒性が強く、細胞、血管、組織の至る所に毒を撒き散らし、さまざまな病気の要因となっています。