硝酸性窒素ってなに?
硝酸性窒素とは、有機窒素(アミノ酸・たんぱく質)が酸化する過程で生成されるもののひとつです。
近年、化学肥料や農薬、家畜の糞尿、生活廃水などにより水質汚染が進み問題となっています。特に、農村地域でその傾向が強くなっており、水質基準を上回る量の硝酸性窒素が検出されています(水質基準は含有量が10mg/l以下)。しかも、硝酸性窒素は現状で浄水場では除去できていません。
硝酸性窒素は人体に悪影響を及ぼす物質です。
人体に多量に取り込まれた硝酸性窒素は、体内で微生物により分解され亜硝酸態窒素として吸収されます。亜硝酸態窒素は血中でヘモグロビンと結合してメトヘモグロビンになります。ヘモグロビンは酸素と結合し、全身の細胞へ酸素を運搬する役割をしていますが、メトヘモグロビンは酸素と結合できず、酸素運搬の役割を果たさなくなってしまいます。こうなってしまうと身体は酸素欠乏をおこし、とくに乳幼児は命を落とすこともある危険な状態となってしまいます。(ブルーベビー症)
また、硝酸性窒素は、胃の中で二級アミンと反応して発ガン性物質のニトロソアミンを生成します。